こころ(1):本を読む


イベント詳細


「もの」としての本に触れながら、目だけでなく、自分やひとの声を通して、“能動的に受ける=読む”ことを味わう。

講師:中井敦子(なかい・あつこ)                       薬師山美術研究所・子どもアトリエ

●プロフィール                               アレクサンダー・テクニーク*教師、イラストレーター、こどもアトリエの人。広島大学教育学部卒業。絵画造形を楽しむ場づくりとともに、からだとあたま・こころ・ことばのつながりのアート(技術)としてのアレクサンダー・テクニーク*を伝える活動をしている。水彩を中心としたイラストで2016年より季刊『ち・お』(ジャパンマシニスト社)の全挿画を担当。 

*アレクサンダー・テクニークとは・・・F.M.アレクサンダー(1869-1955)の発見した原理にもとづく、自分の心身がもつクセや緊張に気づき、やめていくメソッド。